集客ヒント

最新のお知らせ


2019年12月6日 : 【2020年2月ホットペッパービューティーに新機能リリース】
ホットペッパービューティー
ホットペッパービューティー
ホットペッパービューティー
ホットペッパービューティー
ホットペッパービューティー
ホットペッパービューティー
ホットペッパービューティー
ホットペッパービューティー
ホットペッパービューティー

ホットペッパービューティ―に
来年2020年2月新機能がリリースされます!
その名も『ターゲットプラス』

この新機能は
プラチナプラン掲載中の美容室さん限定です。

どんどんホットペッパービューティ―の
契約、掲載料金が上がる方向に進んでいて、
広告費をかけている美容室さんしか集客できないように
なっていってるように感じます。


しかも、この新機能は
申込サロンが一定数になると集客効果が薄れる可能性があるため
申込できる美容室数に制限がかかるみたいです。

さらに、契約料金は
キャンペーンが適用されます!

申込〆切は12月10日(火)12時
みたいです。


【新機能の商品概要】
◆ご希望頂いた年代や性別に該当するカスタマーページに
「おすすめサロン」として追加表示されます。
◆指定される年代や性別は、申込み期間中、
各月号毎に変更ができます。
◆キャンペーン料金適用期間は、
サロン様毎のネット本体のお申込み済み期間で決まります。



〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
<Value Factory(バリューファクトリー)>
代表 碇谷 紘史(いかりたに ひろし)

「ホットペッパービューティー出身」
「自身で美容室を経営」
「大手コンサル会社でコンサルティングを学ぶ」
知識と経験を活かし、
『美容室さん、ヘアサロンの集客』
『ホットペッパービューティー集客最大化』
をサポートする国内唯一の集団です!
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
2019年10月30日 : 【『指名数、リピート率』の高い人気スタイリストを目指す!】
ホットペッパービューティー

指名数1位やリピート率1位ではなく、
『人気がある』『お客さんに支持されてる』
と実感できる事がモチベーションになります。
はじめは無理に数を増やすのでなく、
『ファンを作る力』を上げましょう!


【『指名数、リピート率』を上げる→『信頼、ファン』を作る】
人気がある、ファンがいる、支持される為には、
その『理由』が必要になります。

お客様に選ばれるため、
まずは自分の『肩書き』『特技』『強み』を決め、
自分のウリを設定しましょう。


【『肩書き』『強み』をアピールする為のプロフィールを設定する】
まずは自分自身の理解、分析も兼て
プロフィールを作りましょう。
これは今後重要になります。
ホットペッパービューティーなどの集客サイトでも
実は非常に重要です。
他のスタイリストとの差別化にも繋がります。

その美容室に初めて行く新規のお客様は
その美容師の事をプロフィールでしか知れません。
その割にはプロフィールに書かれてる内容は
お粗末な物ばかりです。


【『こだわり、持論』より『ニーズ、探されてる事』が最重要】
美容師としての『持論』や『こだわり』も大事ですが、
それよりも世の中のニーズ、求められてる事の方が
重要
です。
ニーズ、探されてる事は、
検索数、検索キーワードで計る事が出来ます。

しかもSEO対策としても、
この検索キーワードと
あなたの『肩書き』『キャッチコピー』が同じ、
である事は非常に重要になります。

本当に出来る事を自身の肩書きにして下さい。
<1>何を『売り』にするか?
<2>あなたはどんな美容師なのか?
<3>あなたの得意な事は何か?
<4>あなたはお客様に何ができますか?
<5>どんな希望を持ったお客様の期待に応えれるか?
<6>その結果お客様はどうなれるか?

こんな事を踏まえて考えてみて下さい。

さらに
美容室や美容師を探す時、
または髪の問題の解消方法を探す時に、
検索キーワードは何か?
そういう事も踏まえながら、
自分が『出来る事』『得意な事』を決めて、
キャッチコピーや肩書を設定しましょう。



〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
<Value Factory(バリューファクトリー)>
代表 碇谷 紘史(いかりたに ひろし)

「ホットペッパービューティー出身」
「自身で美容室を経営」
「大手コンサル会社でコンサルティングを学ぶ」
知識と経験を活かし、
『美容室、ヘアサロンさんの集客』
『ホットペッパービューティー集客最大化』
をサポートする国内唯一の集団です!
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
2019年10月25日 : 【2020年4月ホットペッパービューティ―大幅リニューアル!】
ホットペッパービューティー

今回は大多数の美容室さんが契約、掲載されてる
『ホットペッパービューティ―新機能』
のご案内です。

かなりの先出し情報なので、
ほとんどの美容室さんが知らない情報です。


【2020年4月ホットペッパービューティ―変わります】
来年2020年4月にホットペッパービューティ―が
リニューアルします!
ホットペッパービューティ―で新しいサイト
ホットペッパービューティ―で新しいコンテンツ
が誕生します!


【ホットペッパービューティーリニューアル内容】
2020年4月、リニューアル内容とは?

今ホットペッパービューティーには
『ヘア→ネイル→まつげ→リラク→エステ』
の順番でタブがあるのはご存知だと思います。
(ホットペッパービューティ―アプリ版の場合)

そのエステのタブの後に新しいタブ(コンテンツ)
追加されます!

その追加される新たなタブ(コンテンツ)が
『審美』です。


【新しいコンテンツ『審美』とは?】
この審美のコンテンツに掲載いただける情報が
『ホワイトニング』
『審美歯科』
『美容針』


つまり、
ホワイトニングや審美歯科、美容針が
今までは医療に関わるということで
掲載できなかったんですが、
ホットペッパービューティ―に掲載でき
集客できるようになるんです!

ただ、やはりホットペッパービューティ―なんで
掲載したいとなった際は
掲載料金が必要な可能性があるみたいです。


【まだまだ未確定情報が多いんです】
まだホットペッパービューティ―社内でも
未確定内容が多いです。

審美の新しいコンテンツが2020年4月に
出来るのは確定しているのですが、
「タブの名前が審美なのか」
「どんなお店が掲載できるのか」
「ホワイトニングや審美歯科、美容針以外に
どんなメニューが掲載できるか」
「掲載する際に掲載費用が必要なのか」
などなど
未確定な内容がたくさんあります。

が、市場規模や勝算を最重要視するリクルートさんの
大幅リニューアルなんで
集客効果、売上効果は非常に高いと思います。



〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
<Value Factory(バリューファクトリー)>
代表 碇谷 紘史(いかりたに ひろし)

「ホットペッパービューティー出身」
「自身で美容室を経営」
「大手コンサル会社でコンサルティングを学ぶ」
知識と経験を活かし、
『美容室さんの集客』
『ホットペッパービューティー集客最大化』
をサポートする国内唯一の集団です!
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
2019年10月16日 : 【新規集客UP!美容室集客方法『グーグルマイビジネス』】
グーグルマイビジネス

【美容室の集客競争が激化】
美容室の数は、毎年増えて続けてます。
現在の美容室数は243,360件もあり、
なんとコンビニ(55,000件)の約5倍

人口割合で単純計算すると
美容室1店舗あたり保有できるお客様の数は
480人になります。

これだけの数の美容室が
お客様を奪い合ってるのが現状です。

あなたの経営する美容室が生き残るためには
効率よく集客する必要があります。


【美容室の集客方法『グーグルマイビジネス』】
美容室であれば必ず登録しておいた方がいい
Google(グーグル)マイビジネス
Google(グーグル)マイビジネスは無料サービス
美容室集客にプラスの効果があります。


【Google(グーグル)マイビジネスとは?】
美容室の住所、電話番号、営業時間などを登録できる
Google(グーグル)が提供する無料ツールです。
登録した情報はGoogle(グーグル)でのキーワード検索や
マップ検索した時に表示
されます。

例えば「梅田 美容室」と検索します。
まず一番上に広告が表示されます。
そして、その下に地図が表示されており
赤いピンでたくさんマーキングされています。
この赤いピンが梅田にある美容室です。

実際にそのピンをクリックすると
美容室の情報が表示されます。


【登録する美容室のメリットは?】
美容室がグーグルマイビジネスに登録するメリット
何といっても『インターネット上での露出が増える』

『エリア名+業種』の検索キーワードで
ヒットしやすくなります。


例えば「梅田 美容室」というキーワードで
グーグル検索すると、
いくつかの美容室の情報が目立つ場所に表示されます。

美容室の情報が出てくる順番を決定する要素は
大きく2つあります。

<1>エリア名からの距離
近ければ近いほど上位に表示されます。

<2>グーグルマイビジネスの中の情報量
情報をあまり掲載していない美容室よりも、
積極的に情報を掲載してる美容室の方が、
より目立つ場所に表示されやすくなります。


【美容室を利用するお客様のメリットは?】
グーグルマイビジネスを見る側にとっても
大きなメリットがあります。
それは
『自分の興味がある美容室の情報がわかる!』

見込み客は検索するだけで
知りたい情報がすぐに確認できるようになります。
『場所はどこにあるのか?』
『営業時間は?』
『どんな雰囲気か?』
『他の人の評価は?(クチコミ)』


さらに、
グーグルマイビジネスで掲載中の美容室の情報には
「電話番号」「経路案内」「予約」の項目があります。
見込み客はこれらの項目をクリックすることで
ダイレクトに行動できます。


【登録するデメリットは?】
グーグルマイビジネスは無料掲載できるため、
デメリットはほとんどありません。
強いて言えば、
悪いクチコミが書かれても削除できない。


【グーグルマイビジネス機能『MEO』】
MEOはグーグルマップの検索エンジンを
最適化
させること。

「梅田 美容室」で検索すると検索結果が表示されます。
通常の検索結果に加えて、
google(グーグル)マップでのピンと、
いくつかの美容室の情報が掲載される機能です。

あなたの経営する美容室が競合が多いエリアの場合、
マップ上の検索結果で上位に表示されないと
集客はほぼ期待できません。

上位表示されるように、
これから紹介する機能を上手く活用しましょう。


【グーグルマイビジネス機能『口コミ』】
口コミは『グーグルの検索順位にも影響』するため、
お客様に口コミを書いてもらうようお願いし
それに対してきちんと返信することで
集客にかなり役立ちます。


【グーグルマイビジネス機能『分析(インサイト)』】
グーグルマイビジネスでは、あなたの美容室が
グーグル検索上でどのように見られたか?
それを見た人がどのような行動を取ったか?
などのデータを調べることができます。

分析(インサイト)は見られた数やクリック数だけでなく、
美容室におけるインターネット集客に
効果的なアドバイスも得ることができます。


【分析(インサイト)の使い方】
<1>Google(グーグル)マイビジネスにログイン
<2>サイドメニューのインサイトをクリック


【インサイトで分かるデータ】
『<1>ユーザーがビジネスを検索する方法』
あなたの経営する美容室の店名を直接入力したか?
もしくは、
業種カテゴリなど間接キーワードで検索したか?

『<2>ユーザーがビジネスを検索したグーグルサービス』
あなたの経営する美容室を
google(グーグル)検索で見つけたのか?
もしくは、グーグルマップで見つけたのか?

『<3>ユーザーの行動』
ウェブサイトを見たのか?道順を調べたのか?
直接電話をしたのか?

『<4>運転ルートのリクエスト』
道順を調べたユーザーの場所(出発点)はどこか?

『<5>電話着信件数』
〇曜日に〇件電話があった

『<6>混雑する時間帯』
位置情報をONにしてるユーザー数を
自動集計する

『<7>写真の閲覧数と枚数』
→同業他社との比較データ。


【グーグルマイビジネス機能『投稿』】
キャンペーンなどの告知
新メニューやおすすめメニューの紹介、
予約やお問合せへの誘導
を目的としています。


【グーグルマイビジネス機能『ウェブサイトを公開』】
ウェブサイトがない美容室にとって
非常に便利な機能です。
ただし、ウェブサイトと言っても
1ページのみの簡素なものなので、
SEO対策で重要となる
タイトルやディスクリプションなどの設定は
できません。


【グーグルマイビジネス機能『インドアビュー』】
有料となりますが、
『店内の雰囲気を伝える』ことができる
インドアビューという機能もあります。
価格帯は美容室の中小規模の広さなら
3~6万円程度。


【グーグルマイビジネス美容室集客での活用方法】
美容室の集客において
Google(グーグル)マイビジネスの集客活用方法を
まとめたいと思います。

Google(グーグル)マイビジネスで
美容室が集客できる理由
は大きく2つ。
<1>見込客があなたの美容室を発見しやすくなる!
<2>見込客があなたの美容室にコンタクトしやすくなる!


そして、それをより効果的にするためには
『経営する美容室の画像などをしっかり登録する』
『イベントやキャンペーンの投稿を週に1回はする』
『お客様に口コミを書いてもらい返信する』

という活動を行って
Google(グーグル)マイビジネスでの動きを
活発にしましょう。
そうすることで検索結果の上位に
表示
されるようになります。

地域密着型の美容室の場合は
特に大きな集客効果が期待できます。

例えば、
美容室の近くに引っ越してきた人や、
新しく美容室を探している人などは、
自分が住むエリアや仕事先のエリアで
美容室を検索することも多くあります。

その時、経営する美容室の情報が
上位に掲載されることの効果は絶大!



〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
<Value Factory(バリューファクトリー)>
代表 碇谷 紘史(いかりたに ひろし)

「ホットペッパービューティー出身」
「自身で美容室を経営」
「大手コンサル会社でコンサルティングを学ぶ」
知識と経験を活かし、
『美容室さんの集客』
『ホットペッパービューティー集客最大化』
をサポートする国内唯一の集団です!
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
2019年10月9日 : 【美容室の集客方法SNS『フェイスブック』】
フェイスブック

「世界中で若者のフェイスブック離れが
進んでいる」と言われていますが
まだまだフェイスブックの利用者数
instagram(インスタグラム)
twitter(ツイッター)
など、数あるSNSの中でもダントツで、
最も広告効果を発揮するSNSです。


【フェイスブックの特徴】
◆国内利用者数:月間2800万人
◆世界利用者数:月間20億人


フェイスブックが美容室集客で効果を発揮する理由は、
その特徴にあります。
フェイスブックを利用するユーザーは
『実名登録』することが基本です。

美容室の集客において
口コミが大きな効果を発揮する現在では、
実名であることは絶大な信頼感を与えます。


【美容室のフェイスブック集客活用のコツ】
<いいね!される投稿をする>
あなたの経営する美容室情報を見て気に入った人が
「いいね」を押します。

「いいね」が押されると
「〇〇さんがいいね!しました」と
押した人の友達に紹介されます。

同年代の気が合う友達の可能性が高いので
あなたの美容室のお客様になりやすいです。

そして、
友達からの紹介であなたの美容室のホームページや
ホットペッパービューティ―を見て、
気に入った人は来店してくれます。

こうした人脈の拡がりを利用したのが
SNSを使った集客です。

これをさらに促進させるために
「いいね!」がされやすい投稿を行いましょう。


<ネガティブ投稿は「いいね!」されない>
あなたの経営する美容室が
フェイスブックをやっていたとします。

あなたのフォロワーやあなたの投稿を
「いいね」「シェア」する人はどんな人でしょう?

『美容』に興味がある人ですよね。
その人は、人との繋がりを求め
フェイスブックを利用しています。
たくさんの人と繋がるためには
自己ブランディングが大切です。
だから、
オシャレなお店に行った時の写真を投稿したり、
そのお店の投稿に「シェア」「いいね」します。

そうして、
「私はオシャレなお店に通う生活をしてます。」と、
自己ブランディングします。

こんな人に、
あなたのフェイスブックの
「フォロワーになってもらう」
「シェア、いいね!してもらう」には、
『繋がっていると自慢になる』ことを
伝えないといけません。

つまり、
フォローすることが自己ブランディングに繋がる
必要があります。

あなたのフェイスブックで、
「くせ毛でお悩みなら新しい縮毛矯正で解決!」
という投稿をしたとしましょう。

この投稿を見た人の心理は、
「この投稿にいいね!すると、
自分のフォロワーにいいね!したことが伝わる。

つまり、
『縮毛で悩んでる』ことが伝わってしまう。
それは恥ずかしい
いいね!はやめておこう」

実名登録が多いフェイスブックで
「悩みが解決できる!」といった
ネガティブ投稿は
フォローやシェア、いいね!されにくい。



【美容室のフェイスブック集客のコツ】
<常に最新の状態を維持する>
あなたの経営する美容室のフェイスブックの
プロフィール欄は
常に最新の状態に
しましょう。

現在のキャンペーンだけでなく、
最新クーポンなどがあった場合は
必ず書くようにしてください。
投稿内容と美容室のプロフィールが違う場合、
顧客に不信感を与え逆効果になります。


<売り込みばかりを投稿しない>
SNSはあくまでコミュニケーションツールです。
キャンペーン情報ばかりでなく
適度な自己開示が成功のカギです。
◆プロがオススメする美容グッズ
◆ホームケアの方法
◆お客様とのエピソード
◆あなたの美容室のコンセプト

などを投稿しましょう。



〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
<Value Factory(バリューファクトリー)>
代表 碇谷 紘史(いかりたに ひろし)

「ホットペッパービューティー出身」
「自身で美容室を経営」
「大手コンサル会社でコンサルティングを学ぶ」
知識と経験を活かし、
『美容室さんの集客』
『ホットペッパービューティー集客最大化』
をサポートする国内唯一の集団です!
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

Contact

お問合せ
メールフォームからお問合せください
メールフォームがお手間な方はこちらをご利用ください
mail@info.value-factory.net